top of page

寒暖差とぎっくり腰の関連:体を守る冷え対策の重要性



こんにちは、Ph.DW整体院です。



最近暖かくなったり、寒くなったりと気温が安定しない日が続いていますね。寒暖差が大きい時期は、体調不良や急性の痛み、例えばぎっくり腰の発症が増える傾向があります。今回は、寒暖差とぎっくり腰の関連性についてまとめていきます◎



寒暖差が大きい時期は体温調節が難しくなり、筋肉や関節が硬くなりやすくなります。特に冷え性の方や普段から運動不足の方は、寒い時期にぎっくり腰のリスクが高まります。寒くなると筋肉や関節の柔軟性が低下し、急激な動きや姿勢の変化によって、腰部に負担がかかりやすくなるのです。



冷えた筋肉や関節は血行不良を引き起こし、急な動作や無理な姿勢での負荷がかかると、ぎっくり腰の発症リスクが上がります。



冷えからくるぎっくり腰を予防するためには、冷え対策が不可欠です。寒い時期には厚着や重ね着、特に腰部を温める工夫をすることが大切です。ヒートテックなどの暖かいインナーウェアや、腰にフリース素材のサポーターを着用する、ホッカイロを貼ることで、冷えからくる筋肉や関節の硬直を緩和し、ぎっくり腰の発症リスクを減らすことが期待できます◎



また、寒暖差が大きい日には急な体温の変化に注意が必要です。外出先から室内に戻る際は、身体を徐々に温めるよう心がけましょう。急激な温度変化は筋肉や関節に負担をかけ、ぎっくり腰の原因となります。



冷えからくるぎっくり腰は、寒暖差の大きい季節に特に注意が必要です。冷え対策や適切な運動、姿勢を意識しつつ、快適な生活を送るための体調管理に気を付けましょう。



当院ではぎっくり腰専門のコースがございます◎(希望があれば健康保険証の適用も可能です)



下の『今すぐ予約』からご予約いただくか、お電話(04-7197-2275)にてお問い合わせくださいませ。



Comments


bottom of page